今回はプラチナでの固定乱数を紹介したいと思います。
ID09090 SID46517にID調整してある場合には色違いになります。(ここを参照)

私だけかもしれませんが、同じ4世代でもHGSSのほうが乱数調整はかなり簡単に思えます。
プラチナは失敗ばかりします。基本的には根気が必要になります。
今回は連打乱数になります。

ディアルガ、パルキア、ギラティナやヒードラン等の色々なポケモンに使えます。
今回パルキアです。

性格 = おくびょう(シンクロ使用)
性格値:7942ef72
個体値:31-31-31-31-31-31
特性:1
めざパ:悪70
初期seed:d2140289
seed消費数:70~110
月×日+分+秒:210 or 466
時:20
フレーム+年-2000:649

準備するもの
臆病シンクロポケモン
捕獲用ポケモン
コイントスのアプリ
ペラップ×2体を並べる(おしゃべりで音を録音しておく)
IMG00574


0 やりのはしらのここでセーブして。電源を切ります。
IMG00582


1 DSの時間を 2049年10月18日20時5分 にして電源を切る。

2 2049年10月18日20時5分10.5秒でゲーム起動をして連打してゲーム開始。
人によって誤差がありますが、14.5~15秒後の2049年10月18日20時5分25秒にゲーム開始する。
DSによってはかなり早い連打になります。

3 コイントスで起動タイミングが合っていたか確認する。
以下の表で○はコイキング、×はモンボの柄になります。
IMG00576

コイントスするごとに左から右に結果を確認していきます。
複数回コイントスをして、どのパターンが出たか確認します。
最初のうちは表の結果にならないかもしれませんが、連打のスピードを変えたりしてまずは表のどこかに一致するようになるまでやります。一致していたらタイミングを変えて目標のパターンになるように調整する。

目標より上のパターンが出たらソフト選択⇒ゲーム開始までの時間が短い
目標より下のパターンが出たらソフト選択⇒ゲーム開始までの時間が長い


もし赤のパターンがでたら、DSの時間の年を2050年にしてみてください。赤のパターンが出たまま時間を変えても赤のパターンの中でしか変わらないので目標のパターンになりません(いわゆる奇数ずれ)

黒のパターン一個ずれている場合の時間の差はたった0.03秒程度です。
かなりシビアなので何回、何十回とかかるかもしれません。


d214027f:× ○ ○ ○ ○ ○ × ○ ○ × ○ ○ ×
d2140280:○ × × ○ × ○ ○ ○ ○ ○ × × ○
d2140281:× ○ ○ ○ × × × × ○ × × ○ ×
d2140282:× ○ × × ○ ○ × × × ○ ○ ○ ×
d2140283:○ ○ ○ × × × ○ × × ○ ○ ○ ×
d2140284:○ × ○ ○ × × ○ ○ × × ○ ○ ×
d2140285:○ × × × × × × × ○ × × × ○
d2140286:× × × × × ○ × ○ ○ × × × ×
d2140287:× ○ ○ × ○ ○ × × ○ × ○ ○ ○
d2140288:× ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ × ○ ○ ×
d2140289:○ ○ ○ ○ × × × ○ ○ ○ ○ ○ × 目標
d214028a:× × ○ ○ ○ × × × ○ × × ○ ○
d214028b:○ ○ × × × × ○ × ○ ○ ○ ○ ×
d214028c:× × ○ × ○ × × ○ × × × × ○
d214028d:× × ○ × × ○ × × × ○ × × ○
d214028e:× × ○ ○ ○ × ○ ○ × × × ○ ×
d214028f:○ × × ○ × ○ ○ × × × × × ○
d2140290:× × ○ × ○ ○ × ○ ○ ○ × × ○
d2140291:× ○ × ○ ○ ○ ○ × ○ ○ × × ×
d2140292:× × ○ ○ × ○ ○ × × × × ○ ○
d2140293:○ × ○ × × × ○ × × × × × ×

4 目標が一致したら音を録音したペラップの『強さを見る』 70回

強さを見てこの画面が開くと1回とカウントします。この状態で下を押せば2体目のペラップの画面になるので2回とカウントされます。十字キーを上下してペラップの画面を70回開きます。
IMG00581

5 パルキアに話しかけて戦闘に入る。捕獲して個体値を確認しましょう
IMG00583

IMG00584

IMG00585