今回は国際孵化と固定孵化と言われる方法の併用で色違いを狙う方法を紹介します。
国際孵化によって色違いの確率が飛躍的に上がるのは紹介した通りです。(ここを参照)

6世代の孵化についての基礎知識
・赤い糸を持たせると個体値は両親から5箇所遺伝+1箇所ランダム
仮に両親が6V同士なら最低5V、1箇所がVなら6Vになりますね。

・変わらずの石を持たせると性格が100%遺伝

・個体値や特性、性別、色違いかどうかの判定は卵ができる前に決まっている
赤い糸と変わらずの石を持たせてタマゴを作った場合、生まれてくるポケモンの個体値の遺伝箇所、残り1箇所の個体値、性格、性別、特性、色違いかどうかなどの情報は卵ができる前に決まっています。
正確なタイミングは、一個前のタマゴを受け取るor受け取らないを選択した時に決まります。

どちらを選んでも次にできるタマゴの情報がこの時点で確定します。

IMG00597



固定孵化とは

上記の能力の決定タイミングを利用して色違い孵化をする方法があります。
通常の国際孵化では色違いが出た時にA抜き5Vなどの理想個体ができる確率が6分の1でしたが、固定孵化では3分の1にすることができます。
国際孵化を行う際に以下の方法で厳選します。これは一例ですので応用してください。

1 コイキング(孵化歩数が少ない為)国籍が違う6V同士を育て屋に預ける。
必ず赤い糸、変わらずの石を持たせる。メスは夢特性。

2 セーブする。

3 自転車で走りタマゴができたら受け取り孵化をして色違いか確認する
IMG00602


4 色違いでなければリセットする。


5 ゲーム再開したら自転車で走ってタマゴができたら受け取りを拒否してセーブする。
IMG00597


この3~5を色違いが出るまで繰り返します。
先ほど言った通りタマゴを拒否した時点で次にできるタマゴの情報が決まります。
もし色違いなら、拒否した時点で色違いが確定します。色違いが出たら6以降へ。

6 色違いを確認したらジャッジに見せて個体値と特性、性別を確認してリセットします。
※きちんと5の時点でセーブしていればリセットしても次の卵は色違いになります。
IMG00598


7 ゲーム再開後、タマゴができる前に育て屋から親を回収してセーブします。
この状態で次に孵化したポケモンの色違いが固定されます。
これにより次に預けたポケモンがコイキング以外でも色違いにすることができます。
※ただし、以下の条件によって色違いにならない場合があります
・国籍をそろえてしまう。
・性別が♂のみ、♀のみ、性別不明のポケモンをメタモンと一緒に預けた場合。
・赤い糸を持たせない

固定孵化のメリット
例えば夢特性のミニリュウを狙っていた場合、C抜け5Vを狙うことが多いと思います。
その場合、通常の国際孵化の場合はAが抜けたり、C抜け理想個体が出ても、通常特性では失敗になりますよね?しかし、固定孵化なら親を変えて孵化できるのでA抜きが理想個体の特殊アタッカーの親に変えれば理想個体となります。Sが抜けてしまうような場合でも、ポケモンの種類によっては採用できる個体になる可能性もあります。こうした理由から固定孵化をする人が多いです。
基本的にコイキングで色違いが出た時の遺伝箇所、性別、特性になります。
性別はコイキングは5:5なので、比率が違うポケモンの場合は変わります。
コイキングの時に夢特性でも、通常特性のポケモンを預ければ通常特性を狙えます。

A抜け5Vの夢特性ならこんな感じに
IMG00601


もっと楽に色違いを入手したい方はSV法を試してみてください。

SV法とは(ここを参照)

SV法で色違いを簡単入手方法は自分のソフトの種類によって変わります。

パッケージ版 (ここを参照)

ダウンロード版 (ここを参照) おすすめ


さらに簡単に色違いを入手する方法

一人でSV孵化してみよう