こちらはパッケージ版XY用の方法になります。
PCでの作業が必要になります。

※ポケモンのデータをパソコンで解析する方法を用いるので抵抗がある方はお戻りください。

設定環境の準備
・PCにKeyBVをダウンロード&解凍します。外部リンク(ここを参照)
無題
・ゲーム内での設定で『通信レポートを書かない』にする
IMG00604
・3DS 2台  XかY 2本(wi-fi使用でも大丈夫です)
・ゲーム内でバトルビデオを入手している

ポケモンの準備
・孵化要員(ファイアローなど)
・ポケモン2匹(なんでも大丈夫)
・タマゴ5個


①『鍵』の作成
ポケモンの情報を解析するために『鍵』と呼ばれるものを作成します。

まずは、孵化要員と2匹のポケモンを手持ちに入れてノーマルシングルで対戦します。
IMG00605
1匹目を1番目に選択してバトル開始。すぐに降参をして、バトルビデオを保存する。
IMG00606
次に3DSの電源を切り、SDカードを抜いてPCに読み込ませます。
フォルダがあるので、進んでいきます。中のフォルダ名は人によって違う箇所があります。

Nintendo 3DS

2つあるのでPrivateじゃないもう一つのほう

文字列

extdata

文字列

0000055dまたは0000055e

00000000

さっきのバトルビデオ(最新の更新日時)をコピーする。
BCV
コピーしたものをKeyBVのフォルダに貼り付けして、語尾に『-1』をつける。
1
このあと、3DSのSDカードの中のさっきのバトルビデオを削除してください。
SDカードを3DSに戻します。

次に、さきほどと同じ3匹でもう一度バトルを開始します。
今回変わるのは、2匹目を1番目、1匹目を2番目にしてバトル開始して降参します。
IMG00607
さっきの手順で3DSのバトルビデオをコピーしてKeyBVのフォルダに貼り付けして、語尾に『-2』をつける。
3DSのほうのバトルビデオは消しておきましょう。
無題

KeyBVを起動して鍵の作成をします。
video 1を押してバトルビデオの-1を読み込む。
次にvideo 2を押してバトルビデオの-2を読み込む。
無題2

次にBreak→KSの順に押す。
BV Key - My Team.binの保存画面になるのでそのまま保存。
これで鍵の作成が完了です。

ここまでの過程が成功しているか確認します。
KeyBVのタブをVideo Ripperに切り替えて、Videoに-2を読み込ませる。
Keyに鍵(.bin)を読み込ませて、Dumpを押す。
結果はポケモン名、性格、特性、個体値、SVの順です。
無題3
ちなみに、DefaultをTSVにすると自分のTSV(そのポケモンの親のTSV)がわかります。

無題4

ここまでの過程は一度やれば次からはやらなくて大丈夫です。

②タマゴのPSV解析
タマゴを5個孵化して対戦をする。この時、セーブを絶対にしないこと。
孵化した5匹を選んでバトル開始、降参。
バトルビデオをKeyBVのフォルダへ。
KeyBVのタブをVideo Ripperに切り替えて、Videoに今のバトルビデオを読み込ませる。
Keyに鍵(.bin)を読み込ませて、Dumpを押す。
結果はポケモン名、性格、特性、個体値、SVの順です。

画像は孵化要員+5匹でやっています。
無題


エラーが出る時
鍵の作成→確認までは上手くいくのに、本番の孵化した後のバトルビデオを読み込ませる時にエラーが出る人がいるみたいです。わたしも今回記事を書くためにやった時になりました。
画像の通り、鍵を作る時のバトルビデオのファイル名は~~37でした。
孵化の時も同じ位置にバトルビデオが保存されるようにしたらエラーが出なくなりました。
もしかしたら私の場合だけかもしれませんが。。。。


感想
本当に、大変です。いちいち孵化をしなければならないので・・・
後日記事にする予定のKeySAVはダウンロード版専用ですが、孵化せずに1BOX分一気にチェックできます。
そちらの方がかなり楽になります。