XY ORAS 国際孵化&SV孵化 自分一人で簡単に行う方法

今回はSV法によるSV孵化を『自分一人で』、高個体を『確実に』孵化する方法になります。
時間はかかりますが、極力ストレスがたまらず、理想個体を入手する方法になります。

※ポケモンのデータをパソコンで解析する方法を用いるので抵抗がある方はお戻りください。


まずは下準備にこちらの記事を読んでください。

国際孵化について
XY ORAS 国際孵化+固定孵化

SV法
XY ORAS SV孵化について

KeySAV SV孵化 ダウンロード版

国際孵化とダウンロード版のSV孵化を理解&できることが前提になります。
IMG00598


必要なもの

①3DS  2台

②ダウンロード版のX・Y・アルファサファイア・オメガルビー どれか1本

周回用にセーブデータを消してもいいカートリッジ版またはダウンロード版のX・Y・アルファサファイア・オメガルビー どれか1本

ダウンロード版とカートリッジ版、ダウンロード版とダウンロード版のように通信を行うので同じ3DSにダウンロード版が2本あってもダメです


今回の国際孵化&SV孵化の簡単な説明

第六世代では、色違いの確率が1/4096と言われている理由はトレーナー(セーブデータ)ごとに割り振られているTSVが4096通りあるからです。
自分でタマゴのPSVを判別できたとしても、それに対応したTSVの人を皆さんはどうやって探しますか?
共有シート、交換掲示板などで探すと思いますが・・見つけるのが難しかったり・・親名が他人になるのが微妙だったり・・他人に預けるのが不安になりませんか?

この方法では下準備に時間はかかりますが理想個体の色違いを自分だけで入手できます。

自分が孵化したい色違いのポケモンの種類が多ければ多いほど最終的に効果が大きくなります。



一人で国際孵化&SV孵化の手順


※私はダウンロード版のXとカートリッジ版Xで行いました。

①ダウンロード版で理想個体同士の国際孵化でタマゴを作り、ボックスに預ける。
国際孵化は絶対条件ではありません。日本×日本でもOK。

②KeySAVでボックスのタマゴのPSVを解析。
無題14


③もうひとつの周回ロムをニューゲームで始めて通信できるようになったらダウンロード版とポケモン交換。

④交換した周回ロムから来たポケモンをKeySAVでTSVを解析。

⑤TSVがタマゴのPSVと一致したら周回ロムに送って孵化、不一致なら③からやり直し。
IMG00601

解説
まず、理想個体同士の国際孵化でボックスにタマゴをいっぱいためます。国際孵化で行う理由は、この過程で色違いが生まれたらラッキー・・程度のことなので別に国際孵化でなくても大丈夫です。

この方法は、もし理想個体のタマゴを30個(全てPSVが違うと仮定して)ボックスに入れた状態で、周回ロムでニューゲームを始めてTSVを解析した場合、一致する確率は 30/4096の確率で色違いを孵化することができます。すでに、国際孵化の確率を遥かに凌ぎます。しかも、確実に理想個体です。
とはいえ・・・これでは1%にもとどかない確率です。しかし、もしボックスに理想個体のタマゴが410個あったらどうでしょうか?410/4096=約10%の確率で理想色違いを孵化できます。

たしかに、理想個体をボックスに集めるのに時間がかかりますが、その過程は色違いが出なくてもいいのでストレスがたまりにくく、同時進行で共有シートで募集すれば効果的です。

XYの場合、ニューゲームから通信できるまでは15分~20分程度です。もし、410個タマゴがあれば10%の確率なので3時間に1体色違いを孵化できます。

820個なら1時間30分に1体孵化できます。

410個同じポケモンでタマゴを作るのはお勧めできません。1体色違い孵化成功したら残りも同じポケモンなので・・・理想個体のタマゴを5個程度で違うポケモンに変えるのがお勧めです。

以上のように、下準備にかなりの時間を要しますが、自分一人で、しかも一度タマゴをためればそれ以降はかなり効率よく色違いを孵化できます。

環境が整っている方は是非やってみてはいかがでしょうか?