以前紹介した色違いミュウを作成する方法を纏めました。

IMG_20160316_210458

※バグで作ったポケモンを他人に渡したり、交換したりしないようにしましょう※
※データ等破損しても自己責任でお願いします※
※記事の不備で失敗しても恨まないでくださいm(__)m※


私が行った方法ですので、他にも効率のいい方法があると思いますが一応紹介します。
最低でもエメラルドの裏IDを知っていないとできません。6世代に送って解析が一番早いかと思われます。

色違いのミュウやデオキシスを作成するのはかなり厳しいです。ある程度の根気が必要です。
ただ、色違いのミュウを作成できればデオキシスまではそれほど難しくありません。
(デオキシスはXDまたはコロシアム必須)


あとは10進数と16進数の計算や変換ができるサイトを見ながらやりましょう。


流れを簡単にまとめるのでコメントで質問いただければ私がわかる範囲で答えますが、理論的にほとんど理解していません。。

※もし、この色違いミュウをモンボ以外の好きなボールに入れたい場合はこちらの記事を先にお読みください※
ミュウ 色違い 徘徊バグでボール交換方法


今回は、臆病5V,a0の色違いミュウを狙います。

私のエメラルドを例に記事を書きます。もちろんこのままやってもできないので自分のIDに合わせてRSで孵化乱数を行ってください。

例(私のエメラルド) ID 04095 裏ID 31715

必要な機器・その他
・エメラルド
・ルビーまたはサファイア
・DSLiteまたは旧DS
※乱数をやるのにやりやすいだけなのでGBAでも乱数可能。
・通信ケーブルとGBA2台
・ゲームキューブとXDまたはコロシアム、GBAを接続する為のケーブル
※レベル30に抑える・スケッチを覚えさせるのに必要なだけで必須ではないです。


下準備
・エメラルドの裏ID特定
・親となるドーブル♂、♀(またはドーブル1体とメタモン)の個体値を確定させておく
・RSにふしぎなアメ数個
・RS孵化乱数の際の空白時間をパッチールで調べておく
・RSでゴールドスプレー大量に購入
・RSである程度のお金を持っておく


手順1
Emeggで色違いになる性格値を把握する。

emegg 色違い性格値検索


どんなツールでも大丈夫ですが、私はこれを使いました。
IDと裏ID、狙う性格を入力して色違いになる性格値を調べます。
フレームや差分は全然関係ないのでどれでも大丈夫です。とにかく色違いになる性格値ならOK。
ただし、良い条件の性格値となるとかなりの候補が必要です。

今回は F3E66D0D を使います。
(フレーム71147 差分898)


手順2
その性格値がこのバグを行う条件を満たしているか確認する。


※色違いを作る場合の性格値の条件の見分け方

①”Emeggで出た色違い性格値の上1ケタが4,5,6,7,C,D,E,Fのどれかであること。

②性格値を18で割った余りが、2,3,C,Dであること


バグを成功させた際に性格値に40000000が加算された性格値に変化。変化後に色違いになる性格値になることが重要の為、引いた性格値でバグができるか確認が必要。

なのでツールで検索した性格値ではなく、40000000引いた性格値 B3E66D0D をRSで孵化乱数します。

※性格について
臆病にするには、40000000引いた性格値(以後、変化前性格値)を10進数に直して25で割り、余りの数字が11(せっかち)ならバグ後、臆病になる個体なので条件をクリアとなります。
ツールで性格を指定している場合は条件を満たしているはずです。
陽気なら、無邪気⇒陽気に変化
下のほうに性格表を書きましたがバグ後番号が一つ減った性格に変化します。


私の場合なら F3E66D0D(ツールで検索した色違い性格値)⇒B3E66D0D(これが変化前個体値) 
この変化前性格値全ての条件を満たします。

ここまで来たらRSでの孵化乱数に移ります。


手順3
RS Egg Calcuratorで変化前性格値が孵化可能か(自分が待機時間に耐えられるか)判断する。

爺前固定の部分のフレームを自分が耐えられるフレームで検索して、検索結果の中に手順2で求めた変化前性格値の下4ケタがあるか探す。引っかかったら次へ。
※二匹の仲は『とっても』のほうが引っかかる確率は高くなりますが、乱数の難易度(というか、失敗した時にかかる無駄な時間)が上がります。

私の場合、目的の変化前性格値の下4ケタ6D0Dを検索すると4158Fでヒットします。

RS JIIMAE


次に上部の欲しい個体値を検索でまた自分が耐えられるフレームで検索して、検索結果の中に爺前固定で引っかかった変化前性格値の上4ケタがあるか探す。引っかかったら乱数作業に入ります。

私の場合、目的の変化前性格値の上4ケタB3E6を検索すると22522Fでヒットします。
HOSIIKOTAICHI


ここまでやって初めて乱数に使える性格値の判断ができます。
正直、好条件はなかなか見つかりません。


私の場合は、4158Fでタマゴ生成⇒22522Fでタマゴ受け取りという2回の乱数調整に成功すれば目的の変化前性格値B3E66D0Dのドーブルを入手できます。

手順4
RSで孵化乱数

実際の乱数方法
①爺前固定
※二匹の仲は『とっても』で一致した場合はドーブル2体(ID違い)
『まずまず』で一致した場合はドーブル2体(ID同じ)またはドーブルとメタモン(ID違い)
『それほど』で一致した場合はドーブルとメタモン(ID同じ)を預けます。
乱数調整初心者の方(私も今回RSの孵化乱数初でした)は『それほど』推奨。
『とっても』や『まずまず』ではタイミングがずれていてもタマゴができ、下4ケタの一致が判断が難しく挫折する可能性が高いです。

0 育て屋からポケモンを引き取る。※預けてなければ必要無し。

1 育て屋に2体を預ける。先に預けた親と後に預けた親を必ず覚えておくこと。

2 預けたらすぐにゴールドスプレーを使い250歩歩き効果が消えるのを確認。

3 そのあと4歩歩きセーブ。※あと1歩歩くと乱数によりタマゴができたりできなかったり。

4 電源を切りソフト選択からフレーム計測。※空白時間を考慮する。

5 目標の下4ケタの出るフレームになると同時に1歩歩き。タマゴができているか確認。
※私の場合は4158Fで歩く。

6 できていたら目的の下4ケタになったと仮定してお爺さんの前でセーブ。できていなかったら4からやり直し。

7 とりあえず、電源を切り、ゲーム起動から適当なフレームを計測してタマゴ受け取り、孵化。性別が下四けたを検索した時の結果と同じなら8へ。違うなら0からやり直し。性別の判断の仕方は画像参照。

※画像は文字化けしてます。文字化けしない方法がわかりません・・
下線が引いてあるところが私の目標の下4ケタの性格値。
一番右の数字が性別を表します。ドーブルの場合0~126なら♀,127~255なら♂
JIIMAEKEKKA

”私がこの性格値を選んだ理由”

この性格値を選んだ理由は次の点です。

①下4ケタ決定の爺前固定(タマゴ生成時)の待機フレームの短さ

②上4ケタ決定のタマゴ受け取り時の待機フレームの短さ

③相性が『それほど』で一致した

④下4ケタ決定時の前後のフレームの良さ

大体この4点です。
もし候補が複数あった時、①と②は誰でも短いほうを選ぶと思いますが、乱数調整に自信がない人は下4ケタの決定時の待機時間は多少長くても、相性が『それほど』を選ぶようにしましょう。
なぜかというと、『それほど』の場合前後のフレームではタマゴができにくく、タイミングずれしている場合はタマゴができないことが多いのです。それに比べ『とっても』の場合は1フレーム(60分の1秒)ずれていただけでタマゴができることもあり、タマゴを孵化するまで成功・失敗が全く判断できません。しかも前後が同じ性別の場合は個体値で判断するまでわかりません。
例えば、私の狙っている下4ケタの性格値は、前後と8フレーム離れています。これは0.1秒以上離れているので待機時間が少しずれているだけならタマゴができません。タマゴができていなければ待機が4158Fなのでかなり早いペースで回せます。
さらに、この8フレームずれの前後共に、目的の性格値と性別が違うのです。ということは、たとえタマゴができていて目的の性格値で無かった場合、性別を見ただけで合っていたかずれていたか瞬時に判断できます。
JIIMAEKEKKA

17F前には同じ性別がいますが、17フレームは約0.28秒ずれているのでココまでずれればタマゴ確認する前にリセットしています

このような③と④を重視して前後のフレームの状態も確認すると初心者の方はやりやすいかもしれません。


では続きです。

8 計測したフレームを親の個体値から特定。それにより上4ケタの性格値特定。

9 確定した上4ケタと仮定した下4ケタを単純に並べた8ケタを10進数にして25で割った余りが孵化したポケモンの性格と一致するか見る。

余り 性格
0 がんばりや
1 さみしがり
2 ゆうかん
3 いじっぱり
4 やんちゃ
5 ずぶとい
6 すなお
7 のんき
8 わんぱく
9 のうてんき
10 おくびょう
11 せっかち
12 まじめ
13 ようき
14 むじゃき
15 ひかえめ
16 おっとり
17 れいせい
18 てれや
19 うっかりや
20 おだやか
21 おとなしい
22 なまいき
23 しんちょう
24 きまぐれ


10 一致していれば下4ケタの乱数調整に成功している可能性が高い。リセットして7から何回か繰り返して確定させる。下4ケタが成功していれば11へ。性格が合わない場合は0からやり直し。

11 リセットしてソフト選択から実際の待機時間で乱数。個体値からずれを確認。性格一致すれば成功している可能性が高い。個体値から上4ケタを確定し、性別も一致、性格も一致ならおそらく乱数調整成功です。
私の場合は22522Fで受け取り。

成功したらこのドーブルを念の為、エメラルドの増殖バグで量産しておきましょう。


手順5
エメラルドで孵化したドーブルの調整作業

IMG_20160403_172516

①技を次の順にする。
・とける
・スケッチ
・適当
・PP40の技をPP64にする。


②コンディションを整える。かっこよさ255 うつくしさ63 けづや255
ミナモのコンテスト会場でNPC3人と作成する。
必要なもの
・ザロク  むらさきポロックLv.23 9個 ※速度が速いとLv.24ができるのでマトマの代わりに
・ロメ  こんいろポロックLv.21  3個  ※速度を50前後目標
・マトマ  むらさきポロックLv.24 2個 

むらさきポロックLv.24を最後に使いましょう。

③努力値調整
※今のところ第六世代に送るのに防御に振る必要はありません。
本来エメラルド産にデータを変更するには防御に128、素早さに1振る必要があります。
2016/04/24現在ムーバー通過します。

個体値5Va0の場合(臆病など)
防御128
特攻31
特防252
素早さ1

個体値5Vb30の場合(陽気など)
特攻255
特防252
素早さ1


最低でも1体予備にエメラルドでドーブルをコピーしておきましょう。
※今後このドーブルが役に立ちます

※ここまでの過程でドーブルのレベルは42以下に抑えるのを推奨します。
正確には経験値が65536より低いことです。これ以上でも成功しますが、色々とこのドーブルを他のことに応用できるので。下記参照

手順6
ザロクバグ実行

準備するもの
・1体目に努力値でHPが1以上上昇しているポケモンのHPを1にして配置
・2体目に瀕死のポケモンを配置
・3体目に敵から確実に逃げられるポケモンを配置
・4~6体目は空きにする
・エネコのしっぽを20個くらい
・ザロクのみを1個

①ドーブルの経験値をふしぎなアメや育て屋を駆使して65702にする。
必須ではありませんが、スケッチを覚えさせられるのでオススメ。②からでも大丈夫です。
ただし、スケッチを使うにはXDやコロシアム必須。

②ドーブルを最低3体以上コピーしてボックス2を空にしてドーブルを画像のように配置する。
赤で囲んである3体が変化するので必須。画像のように大量のほうが効率アップ
IMG_20160406_090051

③草むらでセーブ。

④野生で戦闘に入る。3体目と交換して逃げる。

⑤手持ちの3体目をボックス3に預ける。

⑥1体目にザロクのみを使ってHPを0にする。
※?35になったらキズぐすりを使うと0になるそうです。

⑦そのまま野生で戦闘に入る。
IMG_20160403_184835

⑧『ポケモン』を選び、2体目のポケモンの強さを見る。
※2体目とは、ザロクでHPを0にしたポケモンです。

⑨Bを二回押してポケモン一覧に戻った後。上を三回(または四回)押す。
※重要。押しすぎるとまずいらしいです。

⑩Bを一回押してエネコのしっぽを使って逃げる。

⑪ボックス2を見て『すぐに生まれる』タマゴができているか確認。できていたら孵化する。
ドーブルのみなら⑦から、ダメタマゴなら上記の画像の赤丸以外のドーブルと配置を変えて⑦から繰り返す。
タマゴができていても『うまれるまでかなりかかりそう』なタマゴは失敗です。

IMG_20160406_090150

※マーキングがこのようなドーブルはステータスを見ようとするとフリーズするので注意!
マーキングをつけ直すと大丈夫です。
IMG_20160406_090307

⑫色違いミュウを無事孵化できたら育て屋でレベル40まで育てるか、XDかコロシアムでバグった技を全て消す。
※バグった技を残したままGBAソフト上でステータスを見たりするとフリーズします。注意!!

XD等でで2個目と4個目を消せば完成
IMG_20160406_082005

IMG_20160406_085546

⑬第六世代に送ってみましょう。


感想・その他

今回、色違いミュウ作成は2回目だったのですが、かなり厳しかったです。
理由は、最後のザロクバグが成功しなかったからです。
普通のタマゴは比較的すぐにできますが、孵化できない『かなり時間が~』なタマゴばかりでした。

色違いミュウ作成一回目の時は(私は通常色のミュウすら作ったことが無いのに色違いミュウをぶっつけ本番)1度も『かなり時間が~』なタマゴもできずあっさり成功していたので焦りました。
その次の色違いデオキシスもあっさりと。

『上四回押し』を試したらすぐに成功しました。
確実ではありませんが、上三回で失敗が続くようなら上四回も試してください。
数分でできる時や数時間かかることもあるのでめげないことが重要です。

何回やってもダメタマゴしかでないようなら性格値が適合していない可能性があります。

初めてこのバグをやる場合はこのバグに適合した使える性格値を見つけてRSで乱数する作業が一番大変です。これに成功すれば後は時間の問題です。


※もっと簡単に色違いミュウを作成したい場合はこちらの記事を読んでみてください。

エメラルド野生乱数・孵化乱数から色違いミュウを作成する方法