参考にさせていただいたURL
伝説厨のポケモン日記 様



エメラルド 初期SEEDの変更について
エメラルドはRSと違い、電池の有無を問わず初期シードが固定されています。
これにより、野生乱数や固定乱数で高個体を出すには長時間待機が必須となります。

BV保存や戦闘中のフレーム倍速などが発見されてかなり乱数の幅が広がりましたね。
孵化乱数では理想個体が簡単に出せるようになりました。

BV保存・フレーム倍速の記事はこちらから


しかしそれでも高個体を狙うと何日も待機などザラです。
前にレジアイスを捕まえた時は何日も待機しました。

エメラルド カウンターレジアイス 高個体の記事はこちらから


でも、初期シードが変更できれば待機時間を短くできるのはRSの電池有乱数で証明されています。

エメラルドでも初期シードを変更できるみたいなので実験しました。

実験は次の2点を検証しました。。
①ニューゲームで始めて電源を切るまで(リセットするまで)初期シードが通常と違うものになる。
②通信対戦をバトルビデオに保存した場合は1P側の『初期シード』からの経過フレームが保存される。


実験開始
1P側でニューゲームを選択し、図鑑を入手。通信対戦をして戦闘終了後2P側でバトルビデオを保存する。

次に2P側でバトルビデオを再生後すぐに野生ポケモンと戦闘に入り、捕獲を繰り返し個体値・性格をツールで検索しました。

10分ちょっとで通信対戦に入れるので100,000フレームなら該当フレームがあるはずなのに結果0件。

初期シードを変更すると該当個体がありました。

RNG

たしかに、ニューゲームから始めたデータは初期シードが0ではなく、通信対戦では1P側の初期シードで戦闘が行われていて、バトルビデオを保存・再生することによりニューゲームの初期シードを既存のデータで使用できることがわかりました。

では手順を書きます。

必要なもの・準備
通信できるGBA 2台
BVを入手したエメラルド(メインロム)
データを消していい初期SEED厳選用のエメラルド(サブロム)


1P側にサブロム・2P側にメインロムをセット。

手順

①サブロムのエメラルドをニューゲームで開始してIDを確認する。

IMG_20160718_173648

②IDを16進数にする。
31843⇒7C63


③その16進数を初期SEEDにしてRNG Reporterで希望個体を検索する。

④希望個体が短めのフレームでひっかかったら図鑑を入手して通信対戦のシングルを行い適当に対戦する。


⑤戦闘終了後、メインロムでフロンティアパスに保存(BV保存)する。

⑥メインロムでBV再生後ポケモン捕獲後ツールで確認する。


これにより、メインロムでBV再生後は初期seedが②で求めた初期SEEDになる。
※あくまでニューゲーム開始時の初期SEEDはリセットするまでの間しか持続しないのでニューゲームを始めてからリセットしないように注意!!

あとはこのバトルビデオに待機フレームを継ぎ足していけばOK。

希望個体の待機が長すぎる場合、初期シードを厳選すれば待機時間がかなり短縮できる。
表IDを確認するだけならニューゲーム開始から2分もかからないので。

特に、古びた海図で色違いミュウを狙うようなRSではできない乱数時の待機時間が数十日になるような場合はかなり有効かと・・


むじゃき6Vメタモンなども捕獲できます。

ただ、色違い理想個体は狙えません。。
でもID&SID厳選の苦行を乗り越えたら・・

海図入りのエメラルドを求めて中古ロムがかなりあるのでID&SID厳選してみようかな・・・

エメラルドでID調整できたら色々できるのに残念・・